安倍晴明幼少時の奇怪なクセ

稀代の陰陽師として有名な安倍晴明は、幼少のころから人と違うところがあったようです。

安倍晴明の父・安倍保名は、あるとき狩人に追われていた一匹の白狐を助けました。
それに恩義を感じた狐は美しい女性の姿に化け、保名のもとに現れました。身の回りの世話をするうちにやがて妻となり、晴明が生まれます。

晴明は生まれて間もなくから親の手をわずらわせない赤子でした。しかし、3歳になった頃から奇怪な行為が目に付くようになります。
家の中にいるクモやゲジゲジ、田畑にいるイナゴやムカデを見つけては好んで食べるようになったのです。

晴明のあまりの悪食ぶりに、父親は自分の前世の報いが息子を襲っているのだろうと嘆き悲しみました。
母親は、自分の狐の血がそうさせていると思い、このままでは自分が狐だとばれてしまうかもしれないと悩みました。

そして、父親のいない間に息子にいいました。

「お前がこのままクモやゲジゲジを食べ続けていたら、母はもう一緒に暮らしていくことができなくなってしまう。どうか食べるのをやめておくれ」

晴明は、クモやゲジゲジを噛む感触が楽しかったのですが、涙ながらに訴える母を見て、今日から食べるのはやめますと誓いました。

その言葉通りに悪食をやめた晴明ですが、母が何故一緒に暮らせなくなるのかずっと不思議に思っていました。
そして晴明が5歳のとき、母が狐の姿になるところを見てしまうのです。
我が子に本当の姿を見られた母は、

恋しくば尋ねきてみよ 和泉なる信太の森のうらみ葛の葉
(恋しいならば尋ねてきなさい。和泉国の信太の森の悲しみにくれた葛の葉を)

という歌を残して姿を消してしまいました。

幼い晴明は父と共に森へ行き、母の姿を探しました。
必死に呼び続けると母は姿を現し、もう二度と戻ることはできないと告げました。
そして、代りにと晴明に霊力を授け、狐の姿に戻り森の奥へと消えていきました。

晴明が普通の人とは違うということを誇張する話です。
虫を食べたというのは、時代によっては飢えの為に普通に食していたようですが、平安時代はどうだったのでしょう。

スポンサーリンク