明智光秀は「敵は本能寺にあり」と言わなかった

織田信長に反旗を翻した明智光秀が、自ら率いる軍勢に向かって「敵は本能寺にあり」と発し、それを鬨の声として大軍が本能寺に向かっていく。
創作物でよく見かける光景で史実だと思われていましたが、実は後に創作されたものでした。

光秀配下の武士本城惣右衛門が晩年に親族に宛てたとされる手紙『本城惣右衛門覚書』が現存しており、そこには本能寺がどこにあるのか、まして敵が織田信長であるとは知らなかったと記されています。
では何故、この台詞を光秀が言ったとされたのでしょうか。

初出は、本能寺の変から100年ほど経った後に刊行された『明智軍記』で、そこには「敵は四条本能寺、二条城にあり」と記されていました。
しかし、この史料は著者不明で間違いも多く信憑性に欠けるといわれています。

それでもこの台詞が広まった理由は、江戸時代後期の学者頼山陽が記した『日本外史』という書物が影響しています。

この書物は、平安時代から江戸時代までの歴史を記したもので、そこに明智光秀の言葉として「吾が敵は本能寺にあり」と記されていました。しかし、この箇所そのものを頼山陽が『明智軍記』を参考にしていたようで、史料的な根拠はないと考えられています。

コメント