文化

日本刀

三日月宗近

みかづきむねちか 三日月宗近(みかづきむねちか)は、平安時代に作られたとされる日本刀(太刀)で、「鬼丸国綱」・「数珠丸恒次」・「童子切安綱」・「大典太光世」と並び「天下五剣」と呼ばれ、日本の国宝に指定されています。 ...
家紋

三つ葉葵

葵紋はウマノスズクサ科のフタバアオイを図案化したものです。 葵は、京都にある加茂(賀茂)社の神草で、祭器の模様に付けられ神紋として扱われました。加茂社の神官が家紋として用い、賀茂神社の氏子や当社を信仰する家々の家紋として用いられるよう...
家紋

五七桐

桐紋は、桐の葉や花を図案化した家紋の総称で、桐花紋とも呼ばれています。 3本の直立する花序と3枚の葉から構成されているものが基本的図案ですが、多くの家に好まれて使われ、140種以上もの図案があります。 古代中国で、桐は鳳凰の止まる木...
家紋

北条鱗

三角形を複数並べて組み合わせる単純な連続文様はもともと古代からあるもので、その幾何学模様が魚や蛇の鱗に似ていることから「鱗」の名が付けられました。家紋としては、三角形一つの「一鱗」から九つを組み合わせた「九鱗」まで様々なバリエーションが...
家紋

二頭波

古代、波は何らかの力を受けた水が、波という形になって人の前に現されたものと考えられていました。その不思議さと形の優雅さに加え、波の進退する様子が用兵の術に適っているとして武士の家紋に用いられるようになります。 「二頭波」は、斎藤道...
家紋

竹に二羽飛び雀

竹・笹紋は細かくは、幹・筍を主とした「竹紋」、葉を主とした「笹紋」、竹や笹に雀を添えた「竹に雀紋」に分けられます。 真っ直ぐに天を目指す姿や雪にしなう姿から、たくましさ、美しさ、高潔などを意味するとされ、古来より文様として多く使用され...
家紋

赤鳥

今川家は足利将軍家の一門として、五七桐紋や二両引き紋を用いていますが、「赤鳥」という紋も用いていました。 今川了俊が記した『難太平記』には、自陣の笠印に悩んでいた今川範国が、あか鳥を付ければ良いという神託を受けて戦に勝利したので、...
家紋

武田菱

菱紋は、その名前からヒシの実またはヒシの葉を図案化したものといわれていますが、斜方形の文様は紀元前より見られ、その起源は定かではありません。のちにヒシを模した写実的な図案の「葉菱」「菱の実」紋も生まれましたが、植物の菱と菱紋とは本来無関...
家紋

織田木瓜

木瓜紋は、古代中国の文様を起源とし、その名前から胡瓜の切り口がもとになったと思われがちですが、本来は地上に巣を作る鳥類の巣を象ったものだといわれています。 神社の御簾の帽額(もこう)に多く使われた文様であったことから、もっこうと呼ばれ...
家紋

左三つ巴

「ともえ」の起りは、弓を引くときに左手の肘に巻き付け、腕を保護するための武具である鞆をかたどったものだとされています。 しかし他にも諸説あり、呪力をもつといわれる人間の魂の形、勾玉を図案化したもの、水が渦を巻く様子、蛇がとぐろを巻く様...
家紋

向い蝶

蝶紋は、主に平氏一門が使用していたため平氏の代表紋となりました。源氏により滅ぼされた後も、平家の子孫の証として蝶紋を伝えたとされます。 蝶は何度も姿を変え成長してゆくことから、不死、不滅を表すシンボルとして武家にも愛されました。 ...
家紋

一文字三星

円形でそれぞれ描かれた三星は、オリオン座の真中に直列する星を表現しています。大将軍星・左将軍星・右将軍星で構成される三つの星は、「三武」または「将軍星」と呼ばれ、武家の家紋に好んで用いられた歴史があります。 三星の上にある一文字の...
家紋

大内菱

菱紋は、その名前からヒシの実またはヒシの葉を図案化したものといわれていますが、斜方形の文様は紀元前より見られ、その起源は定かではありません。のちにヒシを模した写実的な図案の「葉菱」「菱の実」紋も生まれましたが、植物の菱と菱紋とは本来無関...