左三つ巴

hidarimitsudomoe
鞆「ともえ」の起りは、弓を引くときに左手の肘に巻き付け、腕を保護するための武具である鞆をかたどったものだとされています。
しかし他にも諸説あり、呪力をもつといわれる人間の魂の形、勾玉を図案化したもの、水が渦を巻く様子、蛇がとぐろを巻く様子などが挙げられています。これに、人が腹ばいになる姿を現す象形文字の巴という漢字が形の類似から当てられました。

単独の巴という紋はなく、数・形状・向きなどにより多くの種類が紋として作られています。水に関する模様であることから、火災除けとして建物に巴紋を施し、後には特に武神である八幡神の神紋として巴紋(特に三つ巴)が用いられるようになり、さらには他の神社でも巴紋が神紋として用いられるようになりました。また、左右の回転方向の区別は平安時代の儀式の太鼓方の位置に由来し、左側には左巴、右側には右巴が使われていました。

平安後期に西園寺実季が「左三つ巴」を自家の車の文様に定め、これが家紋の始まりであると言われています。

「左三つ巴(ひだりみつどもえ)」を用いている戦国大名・武将

宇都宮広綱、小早川隆景、山本勘助
山本氏は、山麓に住み、山の神のお告げを伝える役目を担った山人であったと考えられており、神職についている者が多いゆえに、神社ゆかりの家紋が使われているようです。

この紋は小山、足利、佐野、結城など藤原秀郷流が好んで用いました。

コメント