北条鱗

hojouroko
三角形を複数並べて組み合わせる単純な連続文様はもともと古代からあるもので、その幾何学模様が魚や蛇の鱗に似ていることから「鱗」の名が付けられました。家紋としては、三角形一つの「一鱗」から九つを組み合わせた「九鱗」まで様々なバリエーションがありますが、代表的なものは三鱗です。

鎌倉北条氏一門の「三鱗」には、以下のような伝説が残っています。
初代執権・北条時政が江ノ島弁財天の祠に子孫繁栄を祈願したとき、満願の日に女房姿に変身した大蛇が現れて神託を告げ、三枚の鱗を残して消えました。時政はそれを持ち帰り家紋にしたということです。

「北条鱗(ほうじょううろこ)」を用いている戦国大名・武将

北条氏直、北条氏政、北条氏康、種子島時尭
「三鱗」には二種あり、正三角形が三個の三鱗は支流が用い、北条氏主流が用いた高さを低く変形させた三鱗を「北条鱗」と呼びます。

コメント