細川幽斎が歌道を始めた理由

細川幽斎は若い頃、歌道は公家や女性のするもので、武士たる者が嗜むものではないといって興味を示しませんでした。

ある戦いでのことです。

幽斎が敵を追っていくと、そこには乗り捨てた馬だけが残っていて人影がありませんでした。

もう敵は遠くに逃げてしまったと思った幽斎は、追うのをやめて引き返そうとしました。
すると家臣の一人が

「もう少し追ってみられてはどうですか。敵はまだ近くにいます」

と言います。

幽斎がなぜそう思うのかと問うと、その家臣は次のような歌があると幽斎に教えました。

君はまだ遠くは行かじ我が袖の涙も未だ冷かならでは
『あなたはまだ遠くには行っていないでしょう。私の袖の涙がまだ冷えていないのですから』

そして

「敵の乗り捨てた馬の鞍には温かさが残っておりました。まだ、さほど遠くには行っていないでしょう」

と言いました。

幽斎は大変感心し、その者の言うとおりに敵を追いました。
程なくして追いつき、見事手柄を立てることができました。

この後、幽斎は歌道に励み、ついには達人の域にまで達したということです。

敵が乗り捨てた馬を見て恋の歌を引き合いに出すとは、何とも情趣に富んだ家臣です。

スポンサーリンク