猛者だけど花押は丁寧、加藤清正

加藤清正が朝鮮に出兵していたときのことです。

清正は、同じように出兵してきている諸将とともに、秀吉に宛てて報告書を作成していました。
報告書の最後に署名をし、花押を添えました。

花押とは今でいうサインのようなもので、署名には花押を添えるのが当時のならわしとされていました。

清正の花押はとても複雑で、書くのに人よりもかなり時間がかかっていました。

それを見た福島正則が

「そのように時間がかかっては、急に遺言状を作らねばならなくなった時に不便だな。書き終わる前に死んでしまうのではないか」

と嘲笑しました。

清正は、こう答えました。

「それは無用の心配というものだ。戦で屍を晒すようなことがあっても、布団の上で安らかな死を迎えようとは思っていない。だから、もともと遺言状を残すつもりなどないのだ」

正則は返す言葉がありませんでした。

コメント