ソロバンで加賀百万石、前田利家

加賀藩の藩祖で豊臣政権の五大老の一人である前田利家は、非常に勇猛な武将として知られています。
当時では珍しい182cmの長身を生かし、約6m30cmもある朱塗りの槍を振り回して先陣を切っていたというのですから、凄まじいものです。
織田信長も彼を重用し、馬周り衆から赤母衣衆に抜擢しました。

そんな利家ですが、意外にもソロバンが得意だったそうです。
当時まだ日本に伝わったばかりだというソロバンを駆使して、金、銀、米の計算はもちろん、兵員の計算までしていました。前田家の決済は全て利家が取り仕切っていました。

出陣する際にも、甲冑を納めておく具足櫃に愛用のソロバンを必ず入れて持ち歩いていたそうです。大きさは縦7cm、横13cmほどという小ぶりのソロバンですが、肌身離さず持ち歩くとは、よほど計算が好きだったのですね。

織田家臣だった頃、信長のお気に入りだった家臣といさかいを起こして斬り殺してしまったことがあります。そのため出仕停止となり、二年間の浪人生活を送りました。
いきなり無職となったわけですからお金にも困ったことでしょう。それから、妻のまつにもケチといわれるほどの節約癖がついたようです。

けれど、ケチだけで加賀百万石の祖となったわけではありません。
出仕停止となった際に周りにいた人々が離れ、本当に友人といえる人だけが残り助けてくれました。
自分もかくありたいと思い、人との関係をとても大切に考え過ごしたからこそ栄華を築くことができたのだと思います。

コメント