三つ葉葵

mitubaaoi
葵葵紋はウマノスズクサ科のフタバアオイを図案化したものです。

葵は、京都にある加茂(賀茂)社の神草で、祭器の模様に付けられ神紋として扱われました。加茂社の神官が家紋として用い、賀茂神社の氏子や当社を信仰する家々の家紋として用いられるようになりました。

三河から伊豆にかけて、加茂という地名が多く残っていますが、これは加茂社が勧請されたり、加茂社の神領があったことに因んでいます。この地方の豪族であった本多・伊奈・島田・松平氏などが、いずれも葵紋を家紋としていました。徳川家の祖といわれる親氏は三河に流れてきて松平氏の婿となり、その子の信光は加茂朝臣を称して、葵紋を受け継いだといわれています。

フタバアオイの葉はその名の様に2枚です。そのことから三つ葉葵紋の図案は架空のものであると思われます。

「三つ葉葵(みつばあおい)」を用いている戦国大名・武将

徳川家康、徳川秀忠
天皇家は足利家、織田信長、豊臣秀吉の例に倣い桐紋を徳川家にも与えようとしました。しかし、徳川家はこれを固辞したため、葵紋の権威が上がったともいわれています。

スポンサーリンク