織田木瓜

odamokko
鳥の巣木瓜紋は、古代中国の文様を起源とし、その名前から胡瓜の切り口がもとになったと思われがちですが、本来は地上に巣を作る鳥類の巣を象ったものだといわれています。
神社の御簾の帽額(もこう)に多く使われた文様であったことから、もっこうと呼ばれるようになりました。

文様が卵の入った鳥の巣の様子に似ているということから子孫繁栄を意味するものとされ、神社の御簾や帳などに多く用いられたことから神の加護があるとされて家紋に好んで用いられるようになりました。

家紋の世界においては、藤紋、片喰紋、鷹の羽紋、桐紋とともに五大紋のひとつとされます。

「織田木瓜(おだもっこう)」を用いている戦国大名・武将

織田信長、織田長益、織田信忠、織田信孝、織田秀信、豊臣秀吉
織田氏は平氏の末流を称し揚羽蝶紋も使用していますが、本来は越前の織田剣神社の神官の分かれともいわれ、織田剣神社の神紋は「五葉木瓜」となっています。

コメント