お市の方は、信長の妹ではなかった!

お市の方は、織田信秀の五女で織田信長の13歳年下の妹です。近江の大名・浅井長政に嫁ぎ、政略結婚ながらも一男三女をもうける仲睦まじい夫婦だったといわれています。

夫の長政は信長と敵対したため攻められ自害し、後に嫁いだ柴田勝家は豊臣秀吉に攻められ敗北し、お市の方は勝家とともに自害しました。

悲劇のヒロインとして、また秀吉の側室となる茶々や二代将軍・徳川秀忠の正室となる江姫の母として、この時代のもっとも有名な女性でしょう。

戦国一の美女と称えられた色白で面長の容姿は、信長ととてもよく似ています。しかし、信長の実の妹ではなかったという説があります。

徳川歴代将軍の正妻・側室の系譜を記した『以貴小伝(いきしょうでん)』に、二代将軍秀忠の妻の生母、つまりお市の方の出自が以下のように記されています。
「もしはいとこにておはせしを妹と披露して長政卿にをくられしにや」
これは、信長の従姉妹を妹と偽り長政に嫁がせたということです。

当時は、政略の道具として女子を有力武将に嫁がせるということは多々ありました。お市の方も浅井家に嫁ぐために織田信秀の養女となったと考えられます。
嫁ぎ先の浅井家としても、織田家の血縁の者が人質として嫁いでくるという事実だけが必要だったので、お市の方が養女であってもなくても関係は無かったようです。

では、お市の方の本当の父親は誰だったのか。
信秀の弟の信康か信友だといわれていますが、確かなところはわかっていません。

信長は、他家に女子を嫁がせる際は養女ばかりなのですが、お市の方と娘の徳姫だけが例外でした。しかし、お市の方も養女だったとすれば、納得できるところではあります。

スポンサーリンク