「子子子子子子子子子子子子」を読んだ小野篁

小野篁は、平安前期に「天下に並ぶものなし」と評された詩人です。書においても同様で、後世に書を習う者の手本になったほどだといいます。
そんな機知に富んだ篁の逸話です。

嵯峨天皇治世のころの話です。

内裏に「性無善」という落書きがありました。

漢文に通じていた嵯峨天皇は、それが「性(さが)無くば善し」つまり、「嵯峨天皇がいなければ良い」という意味だと悟りました。
そして、これを書けるのは同じく漢文に通じた小野篁しかいないだろうと考えました。

すぐに篁を呼び出し問いただしますが、まったくの濡れ衣だったため二人の押し問答となりました。

子

そこで一計を案じた嵯峨天皇は、「子子子子子子子子子子子子」という「子」の字を12個並べた文を見せ、これが読めたら許してやるといいました。

篁はそれを「子猫、猫の子、子獅子、獅子の子」(一説では「猫の子の子猫、獅子の子の子獅子」)と読みました。

嵯峨天皇は、篁の機知に感じ入り、約束通り彼を許したといいます。

漢文に詳しいというだけで犯人扱いされるというのも単純すぎるので、嵯峨天皇が単に篁と知恵比べをしたかっただけなのではと思ってしまう話です。

コメント