大内菱

ouchibishi
菱紋は、その名前からヒシの実またはヒシの葉を図案化したものといわれていますが、斜方形の文様は紀元前より見られ、その起源は定かではありません。のちにヒシを模した写実的な図案の「葉菱」「菱の実」紋も生まれましたが、植物の菱と菱紋とは本来無関係です。

菱紋の基本形は菱持といわれる菱形で、そこから多くの変形が派生して、数ある家紋のなかで最も多くのバリエーションをもったものとなりました。

菱を花のように柔らかく表現したものが花菱で、天照大神を祀る伊勢神宮、摂津国一宮である住吉大社の神紋としても知られています。 また、花菱は外国から伝わった文様でもあることから、とくに唐花菱とも称されています。

「大内菱」を用いている戦国大名・武将

大内義興、大内義隆、陶晴賢
大内氏は百済の聖明王の第3王子の後裔と称しており、花菱の中でも異国風のデザインが特徴となっています。

陶氏は大内氏の庶家・右田氏の分家であり、大内氏の重臣の家柄のため家紋に大内菱を用いていました。

スポンサーリンク