武田菱

takedabishi
菱紋は、その名前からヒシの実またはヒシの葉を図案化したものといわれていますが、斜方形の文様は紀元前より見られ、その起源は定かではありません。のちにヒシを模した写実的な図案の「葉菱」「菱の実」紋も生まれましたが、植物の菱と菱紋とは本来無関係です。

菱紋の基本形は菱持といわれる菱形で、そこから多くの変形が派生して、数ある家紋のなかで最も多くのバリエーションをもったものとなりました。

「武田菱(たけだびし)」を用いている戦国大名・武将

武田信虎、武田信玄、武田信繁、武田信廉、武田義信、武田勝頼
武田氏が用いた「武田菱」は、「田」の字を紋様化したもので、「四割菱」の菱形同士の間隔を狭くしたものとして区別されます。

スポンサーリンク