謙信に父の死を聞かれた景勝の答えは

上杉景勝の実父は、上杉謙信の義兄・長尾政景です。
政景と謙信は仲が悪く、上杉家の家督を巡って対立していました。

1564(永禄7)年、政景を生かしておくと憂いになると判断した謙信は、腹心である宇佐美定行に相談しました。
命を受けた定行は、舟遊びをしようと政景を野尻湖へ誘いました。
そして、湖の中央まできたところで、あらかじめ細工をしていた船底の栓を抜き、共に水底に沈んでいきました。

その後、謙信は家臣に

「息子の景勝が父の死をどう考えているか探れ」

と命じました。

家臣が景勝の元に赴き訊ねたところ

「父は謙信公に忠節を尽くさなかったために死んだのだ。それはいわば天罰というべきもの。謙信公に対して恨みなど持つはずがない。むしろ、身を正して忠節を尽くそうと考えている」

と答えました。

それを聞いた謙信は感心し、景勝を養子にすることを決めたといいます。

長尾政景の死に関しては、酔って誤って船から落ちた事故であるともいわれており、確かなところは分かっていません。

また、景勝もこの事件が元で謙信に恨みを抱いていたという説もありますが、晩年に謙信と同じ法名を名乗っていたというあたり、謙信を本当に尊敬していたのではないかと思います。

スポンサーリンク