北条氏康 年表

<ほうじょううじやす>

相模国の戦国大名で、後北条氏第3代目当主です。

侵攻してきた扇谷上杉氏を元服直後の初陣にもかかわらず大将として迎え撃ち大勝するなど、若い頃から武勇に優れた名将でした。
あらゆる戦いで決して引くことがなく、氏康の体には無数の傷がありましたが、背中には一つもなかったといいます。

『甲斐山中合戦』、日本三大夜戦として数えられる『河越の戦い』などで戦功を重ね、武田氏、今川氏との間に『甲相駿三国同盟』を結ぶなど、関東での北条氏の地位を確立しました。

内政にも力を注いでおり、領内の検地や税制改革を行って領民の負担を軽減することに尽力し、また、誰もが不法を訴えることができるように目安箱を設置するなど、領民の信頼を得る善政をしきました。

西暦 年齢 出来事
1515年 1歳 後北条氏第2代当主・北条氏綱の嫡男として生まれる。幼名は伊豆千代丸。
1529年 15歳 元服。
1530年 16歳 初陣の小沢原の戦いにて上杉朝興と戦い大勝する。
1541年 27歳 父・氏綱の死去により家督を継ぐ。
1546年 32歳 山内・扇谷上杉が連携して河越城を包囲。これを夜襲にて破る。河越城の戦い
1550年 36歳 公事赦免令を発令する。税制改革と目安箱の設置を行う。
1554年 40歳 武田・今川と同盟関係を結ぶ。甲相駿三国同盟
1559年 45歳 息子の氏政に家督を譲って隠居する。
1561年 47歳 上杉謙信が10万余の兵で小田原城を包囲。これに籠城にて耐え、謙信は撤退。
1566年 52歳 これ以降は実質的にも隠居し、息子たちに戦を任せるようになる。
1571年 57歳 病のため、小田原城で没する。
スポンサーリンク